PAGE TOP

トウジン釣りのホームページ  Fishing homepage

トウジン釣りのホームページご訪問有難うございます。このサイトでは、遠州灘・駿河湾のトウジンについて生態・釣り道具・釣り方・食べ方など紹介しています。(ホームページ随時改装の為 お見苦しい点はご容赦ください)

トウジン釣りのホームページ

トウジンってどんな魚?

「ねずみ男」 とか 「怪獣 ギャオス(古っ)」 に似た奇奇怪怪な姿をしたこの魚。その生態は どんなんだろう?  そもそも深海魚自体その生態は謎が多く解明されていないところが沢山あります。我々釣り人にとっては、釣って楽しく、食べておいしければ それでよいと思いますが。。。 では簡単にご紹介します。

トウジンの生態

トウジン釣りの道具と仕掛け

トウジンの釣り方

トウジンの食べ方

タラ目 Gadiformes
ソコダラ科 Macrouridae
亜科
ソコダラ亜科 Macrourinae
トウジン属 Caelorinchus
ゲホウ C. japonicus
学名
Caelorinchus japonicus (Temminck et Schlegel, 1846)
和名
ゲホウ
英名
Japanese grenadier

トウジンの生態

トウジン ゲホウ ゲッホー など いくつか呼び名があります。 写真中央の比較的大きなトウジン(約90cm)が、 よく食されるトウジン(本当のトウジン)です。 その上の小型のトウジンはシマトウジン とか バカトウジン などと呼ばれるものです。

シマトウジンは その名の通り 胴体にうっすらと 縞模様があります。 味は トウジンのほうが上です。 深度500メートル前後の深海に棲んでおり、 生態は ほとんど判っていないようです。

体長は(頭の先から尾の先端まで) 大きいものになると 1m以上にもなります。 深海釣りでは50cmから70cmくらいがよく釣れてきます。

口のつき方や形から、海底に張り付いているモノを 食べているようです。(釣りあげたトウジンから オオグソクムシなどが出てくることがあります) 

深海釣りで もしも 一番上のハリにもしくはその近くのハリに トウジンが掛かってきた場合は、 完全に仕掛けが底を這っていると 考えてよいでしょう。

また トウジンの釣れて来た場所では トウジンダイも 釣れてくる場合が多いので、深海釣り 特に トウジンダイ釣りの場合には、 ある意味 トウジンは 目安になるともいえます。

トウジンは 頭部が大きく、尾部が細長いので 食べれる部分は 長さ的にいうと 半分になってしまいますが、白身で大変 おいしい魚です。 その姿かたちからは想像できない とは思いますが、まだ食されてない方は 是非 是非 試していただきたいものです

お刺身、にぎり、煮付け、昆布〆、あんかけ などその調理法は たくさんあります。

トウジン釣りの道具と仕掛け

トウジンは、深海釣り(アコウ釣り)の外道として 釣れてきます。特に <トウジン釣り> としての 釣りが 確立しているわけではなく、深海釣り = トウジン釣り と言えるかも知れません。

トウジン釣りの道具は、深海釣り用品 アコウ釣り キンメ釣り と同等です。あらかじめご承知置きください。アコウ釣り道具と なんら変わりがありませんが ご紹介します。

ロッド(釣り竿) ロッドは、深海ロッドと呼ばれ、オモリ負荷 表示が 250号から500号くらいのものをいいます。長さは 1.8m〜2.2m 前後が使い勝手が良いでしょう。 トウジン釣りは なんといっても 底取りや根係の回避 が重要です。

先調子の竿がお勧めです。各地域の釣り方の違いなどもあり、市販のものでは 調子が合わない場合も多く 自作されたり、オーダーメイドでカスタムロッドを作られる方も多いです。

トウジン釣り(深海釣り)は、大変 大きな負荷のかかる釣りです。  パイプ構造のロッドよりグラスソリッド(=グラスの無垢) をお勧めします。

自作ロッドをお考えの方は こちらを参考に・・・GO!

リールトウジン釣り用のリールは、深海用リールと呼ばれ、 最低でも 12V電源用で 12号〜14号前後を 1000mくらい巻けるものが必要になります。 キンメダイよりも更に深く探ることになります。現場でよく見かけるのが ミヤ COMMAND-CX9 SP から上位機種です。

よく見かけるのは ダイワ マリンパワーです。ドラグ性能がかなり高いです。コマンドより 電力を多く必要としますが、巻き上げ スピードも速く、トルクもあります。

浅場のトウジン釣り(350m〜450m)では、 糸巻き量が少なくてよい場合もあるので ミヤ コマンドX・8  や ダイワブル1000シリーズ クラス でも間に合います。

クーラー深海釣りでの、 クーラー購入の目安としては, 70リットルから上をお勧めします。 100リットルを超えるクーラーの場合、スペース的 あるいは 持ち運びの観点から 大きすぎる場合もあります。そんな時は 例えば 40リットル前後クラスを2つ用意する。という手もあります。

港まで近距離であれば、少々 保冷力が弱くても 何とかなりますが、遠距離の場合は、保冷力の強いクーラーをお勧めします。大きさ と 保冷力 持ち運びなどの利便性を考えて 自分釣りに あっているものを選びましょう。

ロッドキーパー(竿受け) ロッドキーパー(竿受け)は必要です。また 小物用のロッドキーパー・竿受けでは無理があります。第一精工のラーク または ミヤマエのロボット が 一般的です。

ラークの場合は ラーク16・18 クラス でも大丈夫ですが、 最強ラークなら更に安心できます。船の装着場所なども考えて 間違いのないロッドキーパーを選択してください。

ロッドキーパー装着時には、クランプで 船に固定される わけですが、 何があるかわかりません。必ず 尻手ロープロープ をつけてください。太目であれば ロープ でも何でもかまいません。

ちなみに筆者は 幅1cmの組みひもを使っています。 (ちなみに ホームセンターで購入しました)

針掛けクランプ船によっては 毎投入ごと 新しい仕掛けを使う船もありますが、針掛けがあると 無駄な 仕掛けの浪費を抑えられます。 

針掛けは 巻上げ時に 針を順次掛けておく <一時的な仕掛け置き場> であり、また<投入器>の役目も果たします。

針掛けは 市販品を購入される場合、実績のある <ミヤマエのフックプレート>がお勧めです。 廃材 や ホームセンター の部材 から 手作りもできます

 

クランプ につきましては、ホームセンターの大工用品コーナーで、 Lクランプ/L型クランプの名称で 購入できます。

仕掛け深海仕掛けになります。 トウジン釣りの仕掛けは、ハリスの太さ や 針の大きさ に あまりこだわる必要はありません。

船の流し方と 仕掛けの 長さ的なバランス(全長 枝間 ハリス) は関係してきます。

よって お祭り回避の観点から、乗り合わせた船の推奨する仕掛けをお使いください。

外道 や 餌取の邪魔がすくなければ、<タコベイト> など を 付けるほうが断然アタリは出やすいくなります。

釣具屋さんオリジナル仕掛けなど 市販品がありますが、ご自身でバランスのよい仕掛けを作られることをお勧めいたします。

仕掛けバランスの目安として

針 数 5本〜15本
幹 糸 30号
枝 間 150cm前後
ハリス 12号〜18号 60cm〜80cm
ネムリバリ 18号〜22号
サルカン パワーオヤコ 1/0×1 くらい 
ステ糸 16号〜18号 1ヒロ〜2ヒロ

 といった感じになります。

参考仕掛け図は こちら 

道糸・仕掛けのヨリトリ道糸は PEライン 12号〜14号 (1400m以上)です。 例えば 魚場の水深が 500m後半から 550m前後 ですと、 潮の具合で 550mから ひどいときには 700m以上 ラインが出ます。 

理想としては、糸の出る長さの倍あれば、万が一の時に安心できます。 魚場の水深(出る糸の長さの2倍)をカバーできるリールを選択して、その仕様にあった 号数と メーター数を準備してください。 

船からの 号数指定 が ある場合は 合わせましょう。 

(お祭りの軽減の為に 船によっては指定している船もあります) 

先に述べたように 糸巻き量は 「釣り場の水深(糸の出)の最深部 × 2倍」以上を目安とされることをお勧めします。 「高切れ」して、 ラインが足りなくなっては 釣りはできません。 

道糸・仕掛けのヨリトリには、ミヤマエに各種あります。スナップ付き/ベアリング入りサルカン 10号位前後 1つでも十分にヨリは取れます。

リング付きは ヨリトリのほかに、船上での仕掛けの管理・投入・引き上げ の利便性もあります。 お好みのヨリトリを使ってください。 

集魚灯集魚灯は、魚種により、条件により その効果が変わってきます。また「効果があるのは対象魚だけではない」 ということも、忘れてはなりません。サメとかバラムツなどにも効果が出てしまいます。よって、使い分けが必要となります。 釣り場の条件に適するタイプを選びましょう。

集魚灯は、各種あります。 釣りの応じてご自身の釣りにあったものをお選びください。 

錘(オモリ)浅場のトウジン釣りには 400号前後 深場の場合は500号前後 が使われます。 根係りで失う場合が多いので、投入回数分 用意していくのがベストです。 重いので 釣り場の状況を確認して 必要数準備しましょう。

最近では、 従来の鉛のほかに 鉄筋を使った錘も販売されています。 鉄筋の場合 比重の違いで 形状が変わってきます。 鉛よりも 長いモノが多く、 投入後の降下位置が 鉛とは違ってしまう場合があるので注意が必要です。 

中錘も必要な場合があります。 40号から100号くらいまでを使い分けるのですが、 仕掛けのバランスを大きく左右するので ビギナーさんは 中間錘は <付けるなら付ける 付けないなら付けない> で統一して 釣行した方が 仕掛け バランスを想定(想像)しやすいかも知れません。

ナイフラジペンハサミナイフは魚を〆るなどに使いますが、家庭用の包丁のような薄刃ではなく、 出刃包丁の様に 刃の厚いしっかりしたものでないと 刃が折れるなどして 揺れる船上では危険です。

ラジペンは針をはずしたり、金具の変形を治したりに使います。錆び難いステンレスのものが長持ちします。 ハサミは お祭りなどの時 糸を切ったり、毒魚の針を落としたり に使います。 

指穴の大きな植木バサミや キッチンバサミ が重宝します。 また 仕掛けの管理だけなら事務用のハサミでも十分使えます。 いずれも 使用後はしっかり水洗いして、 油分をつけておきましょう。

トウジンの釣り方

<トウジンを狙っての深海釣り>は 殆どないに等しいですが、あえて言うなら、釣り方を変えると 意外と良く釣る事が出来ます。アコウ狙いで出船した時に トウジンが欲しい人は、試してみてください。

遊漁船には 右舷を使う船 左舷を使う船 があるので よくわからない場合は船長の指示に従ってください。 

写真は セッティングの一例になりますが、仕掛けに餌が付いていることとします。 ようするに投入できる体勢です。 

現場へ到着したら、この体勢で 投入の合図を 待てるようにします。

忘れやすいのが 尻手です。 深海釣りでは ご想像以上に負荷がかかっているとお考え下さいます。 また 何が起こるかわかりませんので、リールまたはロッドから1本 と ロッド キーパーから1本の 2本付けるのが望ましいです。

また 手の届くところに ハサミ・ペンチ・予備の仕掛け・オモリ などを置いておくと都合が良いです。身の回りのスペースを 旨く使ってください。 

トウジン釣りの餌には、イカの短冊・カツオのハラモ・シャケの皮・アナゴ などです。 また トウジンは 夜光のタコベイト や 夜光玉 など アピールするものが 針についていると 喰って来やすいです。 

餌は 短冊なら 幅 1.0cm〜1.5cm前後で 長さは 25cm〜30cm くらいでです ハッキリ言って大きい分には かまいません。 ただ 投入時に取れたり、絡まったり、といったトラブルになるので その辺は加減してください。

出船後は 現場に着く前に 2枠(2仕掛け)分くらいは 餌を付けて準備しておいてください。事前に 投入回数分の仕掛けに 餌を付けて 持ってこられる方も あります。 餌の付け方は こちらのページ も参考にしてください。

まず リールの電源の確認をしてください。 電源が入っていなければ 電源を入れてください。 次に 餌の付いた仕掛けを連結してください。 (道糸からのフックとオモリ) リングを 竿尻に掛けて リールを巻いて 道糸を張って、リールの ゼロ設定(船べり停止)をしてください。 仕掛け枠とオモリをもって 船長の合図で投入します。

現場での投入は ミヨシ または トモ から 順番となります。 船や その時 の状況で 違うので 船長の指示に従ってください。 投入後は 着底を待ちます。

スプールが止まって 道糸がフケたら 着底です。 クラッチを入れて リールを巻いて 道糸のフケをとって アタリを待ちます。 トウジンの口を見ていただければ お分かりかと思いますが、 トウジンは海底の餌を 吸い込んで食べている魚のようです。 

仕掛けは <寝かせ気味> 根係の問題はありますが むしろ ズルズルと 底をずって来るくらいでよいです。アタリが出たら、よほどの 駆け上がりか もしくは 船の行き足が速いか しないかぎり、糸を出していきます。トウジンが追い食いするかどうかは トウジンが その場所に たくさん居るか 居ないかに かかってきます。

時々は テンションをかけて 仕掛けをゆすって 誘いをかけることも有効です。 トウジンの追い食いがないようなら、 いったん軽く糸ふけを取って 仕掛けを寝かせ気味に 場所を変えていきます。 新しいアタリが出たら また 糸をだして 追い食いを 狙います。 この繰り返しです。

巻き上げは船長の合図で順次行いますので、それまでは ひたすら 全てのハリにトウジンが付く様にイメージしてリールワークを 続けてください。

巻き上げスピードは、スローが鉄則です。 ドラグ設定は 大きく船が持ち上がった時に スプールが止まる くらいがよい でしょう。 トウジンは 口が硬い魚ですが、掛かりどこによっては 口切れによるバレがあります。 (キンメほど慎重に なる必要はないですが・・・)

キンメ釣りと同じく 両隣の方と巻き上げスピードが ほぼ同じくらいになるようにすることも 大切です。 これは、お祭りを軽減する為の、 必須事項なので お互いに気を配りましょう。

状況は 都度違うので、臨機応変に 釣り方を合わせていく必要があります。 これには ある程度の 経験値が必要となります。 わからなくなったら、船長に聞きながら、釣りをすることをお勧めします。

いよいよ 取り込みです。 リールが止まったら 竿を立て リングを手繰りよせ、竿尻に掛けます。 (余分な道糸は巻き取っておきます) トウジンは 浮き袋の膨張で 浮いてしまう魚です。 船べりでバレても 後ですくえる場合がほとんどです。 

よって 仕掛けの手繰りこみと 針掛けへのハリの仮置き の動作に専念できます。 隣同士で 協力し合うと より早く 回収作業が出来ます。

仕掛けを 手繰り 針掛けに順次掛けていきます(リールに近い側から)。 この作業は トウジンが付いていたら、はずしながらになります。トウジンが数多く付いている場合や、海面の潮の流れ・風の吹き方 などで 手早く取り込まなければならない場合もあります。

そんな時は、次の投入に支障をきたす場合もあるので 全て船に手繰りこんでしまいましょう。お祭りが ひどい場合にも 船に手繰り込んでしまいます。 この場合 明らかに釣った人がわかる場合は 本人に また どちらの魚かわからない場合は 折半したりします。 (船の慣習もありますので 船長に従ってください)

すぐに 魚の処理に入りたいのは山々なのですが、 ここで 次の2投目の準備を することをお勧めします。(時間に余裕があるときは別ですが・・・)

投入準備万端の状態で、魚の処理 もしくは 今投入した仕掛けの巻取りをします。 船長から 投入前のの合図がでたら 作業を中断して、投入体勢にはいって順番を待ってください。

投入し終えたら、着低まで 時間があるので、残りの作業を行ってください。1回目の仕掛けが使える場合、次の3回目に使えるように 餌の確認をしておいてください。1回目の仕掛けが使えない場合、新しい仕掛けに餌付けをしておいてください。 

このように 常に 今使っている仕掛けの他に もう1組をすぐ使えるよう準備しておくと 時間に余裕が出てやりやすくなります。 慣れないうちは、少し 大変かも知れませんが 空いている時間を 上手く使ってください。

自信のない方は  投入回数分の仕掛けに 餌を付けて持っていく方法を お勧めします。 かなりの時間の節約になり、釣りに集中できます。 

トウジンですが、お刺身など 生状態で食べる分については、 〆めて血抜きすることをお勧めします。

味が違いますよ! 頭の付け根に 包丁をいれ 背骨を絶ってしまいます。尾っぽは 適当なところで 切ってしまいます。

場合によっては、 ウロコを落とし 頭を落とし 尻尾 と 内臓をとり 胴体だけにして もって帰るときもあります。結構 頭が大きく ゴミになります。船上で処理をしていくと後が楽です。 しばらく バケツなどに浮かべて 血を出してから クーラーに収めます。 後は どうやって食べるか 考えてください!

トウジンの食べ方

最近 TV などでも 何かと話題に上る深海魚ですが、その姿かたちとは裏腹に大変おいしい魚が多いです。<トウジン>も そのおいしい深海魚の中の一つです。では いくつか食べ方をご紹介します。

トウジンのお刺身

脂の乗ったトウジンのお刺身です。 柔らかく 淡白ながら 旨みのある白身。 深海魚 特有の 大きなキモ を使って 肝あえで いただいても大変おいしいです。 姿かたちに 似合わない 上品な味 <知る人ぞ知る> トウジンのお刺身を是非 ご堪能ください。 

お刺身用に寝かせた トウジンダイを使って 寿司飯でにぎりにするのも良いでしょう。 淡白な身に 寿司飯が良く合います。 脂の乗った 中型のトウジンダイ位が 良いでしょう。 

トウジンの鍋

寒さの厳しい時は、やっぱり鍋。 アコウダイ と一緒に鍋にして、2つの味を 堪能してください。 アコウは 「プリプリ」、トウジンは「やわらかホクホク」 ! 簡単で 誰にでも出来る 鍋料理。 女性にはもってこい の <コラーゲン>たっぷり鍋。大根おろし をたっぷり使って食べれば 風邪予防にもなりますよ。 

トウジンの煮つけ

トウジンは 煮付けても おいしい魚です。 大きな<キモ> や アコウダイの頭などと一緒に煮付けると 味に深みが加わります。 煮詰まって 濃厚になった 煮汁で野菜を煮て食べても OK です。 トウジンは 身が柔らかく 煮崩れには 気をつけてくださいね。

トウジンの天ぷら

トウジンを天ぷらでいただくのも大変おいしいですよ。 一口大の天ぷらを 熱々のうちに いただくと ホクホク感が たまりません。 お刺身でいただいて、残りを天ぷらにすると、無駄なく2種類のお味を楽しめますよ! 

グループサイト

Group Web Site

カスタムロッド工房RodArt 釣りの仕掛け集 お魚料理 トローリングヘッド ショッピングカート

フォトギャラリー

gallery

こんな釣りしてきました!
ロッドアートの釣行レポートです
浜名湖での釣魚
過去に浜名湖で釣ったことのある魚達です
遠州灘・駿河湾での釣魚
過去に外海で釣ったことのある魚達です
オーナーズファイル
RodArtオーナーのトロフィー級の釣魚達です

作ってみよう

Let's make it

オリジナルロッドを作ってみよう
作ってみませんか!あなただけのオンリーワン
トローリングヘッドを作ってみよう
こだわりのヘッドでビッグワンをゲット
フックキーパーを作ってみよう
深海釣り用の針掛けを自作してみませんか

参考記事

Reference article

ロッドのトラブル
ロッドトラブル事例と対処
カラーバリエーションの例
ロッド製作のためのカラー見本
釣りの用語集
勝手な解釈の釣り用語集